弾き語り動画 Take It Easy カバー

時々歌っているイーグルスのTake It Easy を動画で撮ってみた

歌詞の中にある、
「自分の走る車輪の音で気がおかしくならないようにしよう。だから気楽に行こうぜ。」
とう部分が好きだ





英語を話せない自分が歌っていても、いい曲には歌心というものがあるんだなあ
なぜなら不思議と気分が軽くなるから



スポンサーサイト

Chris Whitley

最近よく聴いている音楽はこの人、Chris Whitley(クリス・ウィトリー)


418NJQM0.jpg
Chris Whitley / Live at Martyrs


テキサス出身のブルースマンでリゾネーターギターを駆使した弾き語り ライブではフットストンプも多用する



Chris Whitley - 'Wild Country'


ブルースをルーツとしながらも独特なギタープレイと歌で、聴くものをグイグイとその世界に引き込んでくれる
オリジナリティーあふれる、言わばオルタナフォークブルースといった趣が心地よい

土臭く埃っぽいサウンドであるが、カラッとした晴天ではなく、どこか曇った空の風景を感じさせるのが不思議だ


ライブも最高


Chris Whitley " Scrapyard Lullaby & Altitude"


主に90年代から2000年代にかけて活躍し、アルバムも10枚くらい出しているけれど2005年に惜しくも肺ガンで他界したらしい・・・ 享年45歳、残念だ・・・


現在、ほとんどのアルバムCDが入手しにくい状況で情報もほとんど無く(自分はヒートウェーブの山口洋氏のサイトで知った)ダウンロードでのみ主要作品が入手出来るが、こういった人はぜひともCDで残しておきたいと思う
CDの再発&国内盤のリリースに期待したい




ところで、若くして残念ながらこの世を去ったChris Whitleyだが、娘さんのTrixie Whitleyがミュージシャンとして彼の意思を継いでいる

あの名プロデューサー、ダニエル・ラノワのバンド、Black Dubに参加している他、ソロでもシンガー&ギタリスト(マルチプレイヤーでドラムも上手い)として活躍中で、こちらも素晴らしい



i'd rather go blind - Trixie Whitley w/ Brian Blade and Daniel Lanois




Oh The Joy - Trixie Whitley



うーむ、やはり音楽的才能や表現手法は受け継がれるのだと感じてしまう


夏から秋へ移り変わるこの季節に聴くとぴったりな音楽だ








弾き語りカバー Jackson Browne編

今年の夏も暑い日が続いている

自分は日ごろからあんまり汗をかかないほうだが、この時期はさすがにギターのネックを握る手もベタベタだ
湿気が多いので音もこもりがちだし


そんな毎日ではあるが、たまには何か撮ってみようと思い、昔から好きなジャクソン・ブラウンのYour Bright Baby Bluesを歌ってみた

この人は自分の中で「ザ・シンガーソングライター」ともいうべきな、たいへん素晴らしい詞とアメリカ西海岸を連想させる爽やかでみずみずしいメロディーが印象的な人で、あのイーグルスのデビュー曲「Take It Easy」をグレン・フライとの共作でヒットさせた人でもある

ジェイムズ・テイラーと並んで、僕に行ったこともないアメリカの風景を想像させてくれるのだ


原曲の間奏のスライドギターはリトルフィートの故ローウェル・ジョージ
なんとも彼らしいロングトーンのフレーズが印象的である
ここはハーモニカでやってみた


Your Bright Baby Blues - Jackson Brownカバー




先の分からないあてどない人生を右往左往して生きる人々の様を、ハイウェイを行き交う車の流れになぞらえた名曲である




藤井一彦ソロライブ

もういつ書いたかわからないほど間があいてしまった・・・


先週の話になるが、The Grooversの藤井一彦氏のソロワンマンライブを見てきた

去年のイベントでの来札以来、僕が見るのは2回目だった
場所は裏参道の円山ノクターン ここはかなり音が良くて店の雰囲気もアダルティー


ライブはエレキギターに負けないほどの音圧を感じさせるアコギ演奏、情感あふれる男っぽい詞の世界、次々と披露される新曲の数々・・・ 
きっと言葉も曲も、止めどなく溢れてくる人なんだろうなあ

休憩を挟んだ2部構成のたっぷり2時間強、わずか数メートルでバカテクのギターと歌を堪能させてもらった




Grooversのこの曲も弾き語りVerで聴かせてくれた





MCで本人も言っていたが、今度はぜひバンドで来てほしい



昔、嫁さんと良くライブに行ったなあ・・・ 思い出の名曲


藤井一彦は日本で一番カッコいいロックギタリストだぜー!!





open G

指の方は傷もくっつき、ちょっとずつギターを弾けるようになってきた
それでもまだ弦を押さえると痛いので、中指を使わないでもどうにか弾けるオープンチューニングに挑戦している

今まで何故かあまり覚えようとしてこなかったが、やってみると新たな発見が多くなかなか面白い
コードをイージーに鳴らしたまま合間にオカズが入れられるのでとてもラクなのだ
ギター&歌でやってるとこれがなかなか具合がよろしくて、なんでもっとはやくマスターしなかったのか?と思ってしまう


オープンGといえばやっぱりキースでしょう ってことで中指ナシでとりあえずこんな感じ



まだ適当な部分が多いけど、オープンはこれを機に色んな曲で使えるようにマスターしたいな


それにしても、あらためてキースは偉大だ
音を付け足していくばかりではなく、間引いていく方向で弾いているのがよく分かる
カッティング・タメ・スライドのコンビネーション sus4の取り入れ方・・・ 
運指自体はイージーだが、あの感じを出すには「間」が絶妙にむずかしい
この奏法はまさに発明だと思う







↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。