太郎に喝を入れられる

久しぶりの更新です

先週の日曜日の話になりますが、札幌パルコでやっている岡本太郎展に行ってきました

小岡本太郎展 019
「顔」をテーマにした作品を集めたミニ展で、彼の鮮烈な芸術表現を間近に体験できました

まずは太郎さんの蝋人形がお出迎え 154センチと意外に小柄な方だったようですね
岡本太郎展 017
「岡本」さんと「太郎」さんは入場無料だそう  展覧会は確か明日の13日までだったかな



有名な「座る事を拒否する椅子」や、かわいらしい「動物」「顔」などの立体作品が印象的でした
小太郎 (1)
形と色が強烈です!

絵や彫刻に限らず先っぽがトンガっていますが、僕は子供の頃からこのトンガった感じが忘れられませんでした

一緒に行った息子は「怖い」と言ってました(笑) 強烈ですからねー

小岡本太郎展 004
黒い「顔」はカワイイですね

ちなみに全作品写真撮影OK(動画はNG)





亡くなる直前まで現役で表現し続けた芸術家岡本太郎は残した言葉も力強く、何冊も本が出ていたりTVで千原ジュニアが話題にしたりしています

小岡本太郎展 020

天才は死んでからもなおこうして、言葉でも作品でも語りかけてくるんですね

その激しい言葉の数々は、普段平凡に暮らし趣味で音楽を嗜み、時々気が向いた時だけに自分を表現するだけの僕なんかにも強く語りかけてくるようです

表現とは何なんでしょう?

自分自身に置き換えてみると、 
自分は誰かのように、誰かと同じように何かを表現したいのでしょうか?
それとも価値観や感覚を誰かと共有するためにギターや歌で自分を表現しようとするのでしょうか?

言葉でも音楽でも絵でも何でも、何も考えずに自分のやりたいように好きなようにやればいいのかもしれませんが、それだとただの独りよがりになってしまいそうで怖いような気もします・・・



妻と「やっぱり天才は違うねー」
などと話しながら、太郎の強烈な表現に打ちのめされ大いに刺激を受けつつも、

「まあ自分には時間も無いし、音楽は楽しんで気楽に出来たらいいかなー 思ったようにギターが弾けなくても歌えなくても表現できなくてもしょうがないかな・・・凡人だし若くもないし・・・」

などといつものように自分の上手く行かない理由を誤魔化し、この激烈な表現者の作品を前にちょっとだけ気弱な事を思ったのでした





最後に三角くじのような太郎のメッセージがもらえました  千原ジュニアが言っていたものです

小岡本太郎展 022


小岡本太郎展 023

ガーーーン!!












スポンサーサイト

ライブをやります

すごく迷いましたが、予定通り明日の夜、B-bayでのライブに出ます


3月19日(土)  オープン19:00 スタート19:30
at   B-bay
札幌市中央区南1条西19丁目 山晃ハイツB1(山崎建設地下)
(地下鉄西18丁目徒歩1分) 011-615-0777

出演 TAM&GG  ねことら  Wind Ship Flower




大変な時ですから、正直迷いました  のん気に音楽なんてやってる場合かと

連日のニュースを見るたび、本当のことがわかってくるたび、感じたことの無い恐怖と不安が襲ってきます

これからのことや被災された人たちの事を思うと、か細い私達の心は折れそうになります これを読んでいるみなさんもきっと同じだと思います


もちろん僕なんかの遊びの音楽で人を元気にできるとは思ってません


ただ、被災していない僕らが元気出さずにどうする? と思いました


犠牲になった方の中にも、週末のライブを楽しみにしていたアマチュアミュージシャンやリスナーがきっとたくさんいたことでしょう

その方たちのためにも、そして僕の周りの音楽好きのみなさんへ、

僕らの元気なビートを聞いてもらいたいです

そうです このブログのタイトル通り、「やらずに死ねるか!」です!



当日はB-bayのコナさんも募金箱を置いて、募金を呼びかけるそうです 素晴らしいことです!
もちろん僕らも協力させていただきます


明日土曜の夜、お時間のある方はぜひお越しください!



アコギ&ボーカルの私TAMとカホンGGの他、泉谷しげるのカバーをやられる「ねことら」さんら計3組が出演する予定です


音楽の消えた東北の街に、歌声よとどけ!!





景気付けにこの曲を!! こんな時こそROCKだ!!


NEIL YOUNG / ROCKIN' IN THE FREE WORLD 投稿者 Sunnychopper82



I Shall be Released

先週末のB-bayアコースティックDayで、久しぶりにディランの「I Shall be Released」を歌ってみました
人前でこの曲をやったは十数年ぶりでしょうか(笑)・・・
 
何とかトチらず出来たのと有名な曲なこともあってお客さんの反応も上々で、サビではハモってくれたりして嬉しかったです

この曲、オリジナルはボブ・ディランですが有名なのはザ・バンドがカバーしたバージョンですね

僕もザ・バンドのバージョンを元にアレンジして弾き語りしてますが、ディランの明るい軽やかなオリジナルバージョンをこんな風にアレンジしてしまうザ・バンドの面々の才能には驚いてしまいますね



ひげに丸メガネのロビーも若くてカッコイイ!



日本のアーチストもいろんな人がカバーしてますがやっぱりRCサクセションのがいいですね
歌詞も反骨心にあふれていて共感しちゃいます ただの訳詩じゃないのが素晴らしいです




国や国家権力というものが信用できなくなるようなニュースばかりの世の中で、キヨシローのメッセージとこの曲の持つ普遍性が心に響きますね・・・


今度はエレキギターでの弾き語りのために練習しているところです




*********************

本業の住宅リフォームでもブログをやっています
「どんな部屋で暮らしたい?」


よかったらご覧下さいねー

夏が近づくと・・・「Curtis Mayfield」

札幌はもうしばらく前から、週の中頃に雨が降って週末は晴れるという天気がずっと続いています

これだけ規則的な天候の年もめずらしいですね
晴れた休日ばかり、気分が良いです

春先の低温続きから打って変わって、農作物にもちょうどいい天候でしょうね
今年はとうもろこしやトマトを食べるのが楽しみです

梅雨の地方の方には申し訳ないけど、初夏の北海道は最高ですよ! 一度住んでみませんか(笑)?


夏になると聴きたくなるんですよね、Curtis Mayfield カーティス・メイフィールド



ハタチくらいの頃、真夏に仕事でしばらく富山県に行っていた時に、一日の仕事を終えた宿舎で何もすることが無く聴いていて「いいなあ」と思いました

ファルセットの歌声と洗練されたサウンド、美しいメロディーライン、カーティスの弾くギター

その夏は地元の人には当たり前かもしれませんが狂ったように暑い夏で、若かったとはいえ厳しい暑さと仕事で疲労困憊になっていた時に聴いたカーティスの音楽はとても心に響きました


一番好きなアルバムは何といっても「There's No Place Like America Today」ですね
51V99YC3YCL__SL160_.jpg

ジャケットとタイトルどおりの内容は結構ヘビーな詩ばかりですが何度聴いてもイイです ギターもクール!

「Billy jack」Curtis Mayfield


僕にとって、聴くと「ああ、夏だな~」と思ってしまうアルバムです

みなさんにもあるでしょうかね? そんな一枚




*********************

本業の住宅リフォームでもブログをやっています
「どんな部屋で暮らしたい?」


よかったらのぞいてやってくださいね!

「耳と感性でギターが弾ける本」 トモ藤田著

ギターって最初から誰か先生に習って覚えた人って案外少ないんじゃないでしょうかね?

弾けるようになった人のほとんどは自己流で覚えたのではないかと思うんですが、

僕もそうで、中学生の時に当時の明星や平凡についてくる歌本のコードを友達と競うように覚えたのが最初でした

そういう人、多いでしょうね


最近、自己流の練習に行き詰っていたので基礎練習を一からやってみるかなと思い、トモ藤田さんの教則本をやっています

耳と感性でギターが弾ける本
「耳と感性でギターが弾ける本」 トモ藤田著

よくアドリブソロを弾く時に、ついスケールに頼った指癖で一小節に出来るだけ音を詰め込むようなプレイをしてしまいますよね

それが上手く弾くことだと言わんばかりに隙間のないアドリブソロになってしまい、「なんかイマイチだったなあ」と後でへこむ事も多いです


鼻歌を歌うように、風呂場でテキトーに気分良く思いついたイイ感じのメロディーを口ずさむように、

心のままにその時の気分で浮かんだフレーズを音にできたらいいのに・・・

どうしたらいいんでしょうね?


この本は、それを教えてくれています

指盤上のスケールという視覚に頼らず、自分が出したい音を耳で聴きながら弾きたい音を自由に繰り出すための練習法です



本の中で言われているように地味で面白くない練習ばかりですが、確実に効果がありそうですよ


まだ始めたばかりですが、3ヶ月くらい先に自分の弾くギターにどんな変化が待っているのか、とても楽しみです

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。