ストラトのセッティングを煮詰める

物欲というのは厄介なものですね~(笑)
特に趣味のものは次から次へと欲しいものが現れるので困っちゃいますよ・・・

最近「トーカイのSSの音がもうちょっと抜けてくれればなあ・・・」と思ったりしていてあれこれネットで調べているうちに、フェンダーの CUSTOM '69 というピックアップが良さそうで自分の求めている音に近そうだと知りました


FENDER ( フェンダー ) / CUSTOM '69 STRAT SET サウンドハウス
69PU

でも安いところで2万かあ~  付けてみて「なんか違う」って思っても泣くに泣けないプライスですぞ

たまに行く楽器屋さんに訊いたら、
「そうですねー、ピックアップは実際に付けてみないとわかりませんからねえ・・・ギターとの相性も合うかどうか、結構大事ですよ」 とか言うしなあ 

でもやみくもに、「コレ、いいっスよ!ゼッタイおすすめ!間違いナシ!」なんて薦めないところが、何というか正直な楽器屋さんだ(笑)  こういう人、なんか信用できそう 


考えた結果、ピックアップの交換は最後の手段として、その前にとりあえずもうちょっと音抜けを良くして、ギターのボリュームを下げたときの高音のこもりを無くするためにハイパスコンデンサーを付けるとかいろいろやってみることにしました


もうすでにネックの仕込み角度調整と弦高調整で、アタックとサスティーンはベストのバランスにしてあります

SS36調整 003

ちなみに前から熟読しているこのブログがとても参考になりました
本質を極めるあくなき探究心が素晴らしい!(なんでも良く行くパッションビートの常連さんのお友達だそうでビッ栗!世の中せまいです)


いじっているうちに思ったんですがストラトはホントにセッティング次第で音が変わりますね
わずかな弦振動の鳴りの差を3つのシングルコイルPUが忠実に拾ってくれるという感じです


まず最初から貼ってあったノイズ対策の銅箔のシールをはがしてみることに

SS36調整 004

ノイズは減るけどハイが落ちるとも言いますからね  どうなることか・・・

SS36調整 006

鳴らしてみるとやはり音が元気になったと言うかよく通るようになったというか、キラキラしたストラト特有の鈴鳴りが増した感じです

この後、ボリュームポットにハイ(高音)落ち防止のコンデンサーと抵抗を取り付けました

大してお金もかからないので駄目なら元に戻せばいいと思うと気楽ですね


ただ、家でしょっちゅうこんな事をしていると、嫁に、
「付けたり外したり、何をやってるのか何が楽しいのかゼンゼンわからなーい!謎!」 と言われます・・・

まあそうでしょうね・・・(笑)
こんな事わかってくれるのはブログを見てくれる方だけですよw トホホ・・・


スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。