ギターのメンテ

気が付いてみると手持ちのギターがなんだかんだで計7本になっていまして、中にはフレットが減ってガタガタになったままのものもあります

日ごろから「どんなにたくさんギターを持っていても手は2本、一回に弾けるのは1台だけ!」というのを身上に新たな物欲をおさえてますが、ギターって一本一本それぞれに違う個性があってなかなか減らしたりできないもんですよね

ただこれを全部ショップにリペアに出していてはお小遣いがもたないので、フレットのすり合わせくらいは自分で出来るようになりたいと思っていました



そこでネットで調べて詳しいやり方を勉強した後、まずは高校生の時に買ったキャッツアイのフォークギターで練習することに


指板をマスキングしてロッドを回し、ネックをまっすぐにしてから平らなヤスリでフレットを削ります
アコギフレット修正 002

今まで一度もすり合わせしていなかったので、一番低い部分にあわせると全体的にかなり低いフレットになってしまった・・・

フレットは削って頂点が平らになってエッジができてしまい、ここを丸めるのが大変でした
このために買った専用の丸いヤスリも使いましたよ

音はシャキッと、音程も正確になりました
アコギフレット修正 006
合板の安物ですが、弾きこんであるので意外と良い音がしますよ




キャッツアイで大体のコツをつかんだら、今度はGibson Doveにトライです

アコギフレット修正 008

今度は前回以上に上手くいきました  フレットがピカピカで気持ちイイ!!


このあと、牛骨でブリッジサドルを新たに制作してナットを調整

弦高もシビアに調整して弾いてみると、もうヤバイくらい鳴るようになりました 



これで浮いたお小遣いウン万円  また違うギターを買ったりして(笑)

そのうちフレットの打ち替えにも挑戦したいと思っています




スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。