Chris Whitley

最近よく聴いている音楽はこの人、Chris Whitley(クリス・ウィトリー)


418NJQM0.jpg
Chris Whitley / Live at Martyrs


テキサス出身のブルースマンでリゾネーターギターを駆使した弾き語り ライブではフットストンプも多用する



Chris Whitley - 'Wild Country'


ブルースをルーツとしながらも独特なギタープレイと歌で、聴くものをグイグイとその世界に引き込んでくれる
オリジナリティーあふれる、言わばオルタナフォークブルースといった趣が心地よい

土臭く埃っぽいサウンドであるが、カラッとした晴天ではなく、どこか曇った空の風景を感じさせるのが不思議だ


ライブも最高


Chris Whitley " Scrapyard Lullaby & Altitude"


主に90年代から2000年代にかけて活躍し、アルバムも10枚くらい出しているけれど2005年に惜しくも肺ガンで他界したらしい・・・ 享年45歳、残念だ・・・


現在、ほとんどのアルバムCDが入手しにくい状況で情報もほとんど無く(自分はヒートウェーブの山口洋氏のサイトで知った)ダウンロードでのみ主要作品が入手出来るが、こういった人はぜひともCDで残しておきたいと思う
CDの再発&国内盤のリリースに期待したい




ところで、若くして残念ながらこの世を去ったChris Whitleyだが、娘さんのTrixie Whitleyがミュージシャンとして彼の意思を継いでいる

あの名プロデューサー、ダニエル・ラノワのバンド、Black Dubに参加している他、ソロでもシンガー&ギタリスト(マルチプレイヤーでドラムも上手い)として活躍中で、こちらも素晴らしい



i'd rather go blind - Trixie Whitley w/ Brian Blade and Daniel Lanois




Oh The Joy - Trixie Whitley



うーむ、やはり音楽的才能や表現手法は受け継がれるのだと感じてしまう


夏から秋へ移り変わるこの季節に聴くとぴったりな音楽だ








スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。