最近聴いたCD

うーん なんかだんだん更新の間が空くようになってきたな~

本業でもブログをやっているのだけれど、ビジネス抜きの趣味ブログならもっとたくさん書けると思っていたけどそうでもないな~

でも相変わらずギターは毎日弾いてるし、ツタヤでレンタルしてきたブルースのCDをよく聴いているので、まあなんかただなんとなく書きそびれているだけかもしれない

そう、ただでさえ少ないお父さんのお小遣いには限りがあるので、借りれるものはレンタルで済ましてとにかく良い音楽をいっぱい聴いて良い刺激を受けるようにしている

今回、

 ジョン・メイオール&ブルースブレーカーズ(Fetクラプトン)
 マイク・ブルームフィールドのLive at Old Waldorf
 マジック・サムのWest Side Soul
 ジョン・リー・フッカーのBURNIN,
 リトル・ウォルターのベスト盤

を聴いてみた

中でも初めて聴いたマイク・ブルームフィールドが最高だった もろ好きなタイプのギターだ

オーソドックスなオブリガードやソロだけど、カッキーン!と突っ込んでくるような激しさがいい!

マイク・ブルームフィールドってボブ・ディランが初めてエレクトリック・ロックスタイルに移行した時のギタリストだったんだね 

あの伝説の、ブーイングを浴びまくったライブの・・・ 
なるほど、そうだったのか どうりでカッコよいはずだ

他のアルバムも聴いてみよう


あと、マジック・サムも良いねー  ド・ブルースというよりはちょっとソウルっぽい感じで洒落ている

僕は前からカーティス・メイフィールドが大好きなんだけど、ゴリゴリのロックやド・ブルースに疲れたらこんなスウィート・ソウルがたまらなく良い時があるんだよね



なんて、一人の事務所で仕事の合間の息抜きに書いてます
スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。