最近観たDVD

あっという間にお正月も過ぎ去ってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか?
去年に引き続きブログ・音楽ともにのんびりとマイペースでやっていきますので今年もどうぞよろしくお願いします



さて新年一回目のブログ、
お休み中にたっぷり時間があったので前から見たかったDVDを借りてきて楽しみました


まずはドアーズのドキュメンタリー映画「まぼろしの世界」(公式サイト

ドアーズ まぼろしの世界

ジョ二ー・デップがナレーションと案内役です

ドアーズは一般的にはジム・モリスンばかりに目が行きますがこれを見るといかにバンドが素晴らしかったが良くわかりますね
またジムの詩や世界観はやはりあの頃のアメリカの時代背景によるところが大きいでしょう
いや、モロにと言えますか

20年くらい前のオリバーストーンのやつは周りの評判があまりにも悪く、いまだに見ていないのですが、この「まぼろしの世界」はなかなか良かったです (アマゾンへのリンク

予告編


ジムを見て思うことは・・・  お酒は飲みすぎたらいけません(笑)









それから、函館を舞台にした「海炭市叙景」

海炭市叙景
アマゾンへのリンク

架空の街「海炭市=函館」を舞台に、造船所の人員削減に見舞われる労働者や、家庭も家業も上手く行かないガス屋の若社長や、市街地の再開発に立ち退きを拒み続けるボロ屋に住む老婆、などの人生下り坂な人々ばかり出て来る悲しいお話

元「野狐禅」の竹原ピストルや、加瀬亮が味のあるいい演技をしています


斜陽の港町のくすんだ風景と、映画にはめずらしくきわめて現実っぽい普通の人々の暮らしのストーリーが絶妙に描かれていて、悲しくも美しい内容と言えるかもしれません

ちょっと正月から観るには暗い映画だったかな・・・

同じ様な港町で生まれ育った者としては、映画の中のお話だと妙に笑えない感じでもありました


予告編


でも、「楽しい内容ではないけれど、すごく心に残る映画だね」と見終わった後、嫁と話していました







それから、園子音監督の「冷たい熱帯魚」

冷たい熱帯魚

実際にあった愛犬家連続殺人事件をモチーフにした、人間の欲望と残酷さの中に真実を描いた映画
これはかなり衝撃的問題作  エロ・グロ満載(R指定です)

でんでんが演じる超アッパー系犯人・村田に、主人公の冴えない町の熱帯魚屋の気弱な主人が絡め取られて共犯者になっていく様は恐ろしくも大変リアルで、見応えのあるものでした
デリケートな人はしばらく肉が食べれなくなるかもしれません(笑)(アマゾンへのリンク

嫁が、「園子音監督の映画はスゴイよ」と教えてくれて観たのですが強烈すぎるぞ(笑)

予告編


これから公開される「ヒミズ」も気になるところです







年の初めからなんだかエグイのばっかりですいません
でも終って何にも残らないものより、インパクトのあるものの方が「観た!」って感じがしますね

まあ音楽もそうですが映画くらいちょっと悲しい気分になったり衝撃を受けたりするくらいの方がいいんじゃないでしょうか?
フィクションを楽しめるというのは心に余裕があるということかもしれませんしね


これから寺島しのぶの「キャタピラー」観る予定   これもまたアレだな・・!(笑)



スポンサーサイト

COMMENT

今年もよろしく - blues-boy #6x2ZnSGE

お願い申し上げます。
1月4日より風邪ひいてしまいました。
弾くのはギターだけにしたいです。

2012.01.08(Sun) 12:46 | URL | EDIT
Re: 今年もよろしく - TAM

blues-boyさん

上手い!
きっとすぐに治りますよ(笑)

気ままなブログですが、今年もよろしくお願いします!


2012.01.08(Sun) 18:21 | URL
- 7

ででででた。園子音。
観たいのですがコワイコワイ。
日常生活に侵食してきそう・・・

おっと、今年も何卒よしなに~

2012.01.08(Sun) 23:05 | URL
Re: タイトルなし - TAM

7さん

7さんなら大丈夫でしょう(笑)
恐ろしいシーンがいっぱいですが、妙に笑える感じに仕上がってるんですよね
見て損はない映画ですよー

今年もよろしくです!

2012.01.09(Mon) 01:29 | URL

TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。