シールド ベルデン#9395を使ってみた

今まで使っていたシールドは、家ではカナレの3m、スタジオやセッションではアルバスの5m

どれも2000円もしなかったかな いわゆる普及品ってヤツだ


ネットでいろいろ調べると、やはり高いシールドはそれ相等のイイ音がするらしいので試しにベルデンの9395を買ってみた

5mでSとLプラグ、定価¥5565 がBigBossで¥4452とお買い得でラッキー!


早速、事務所に置いてあるトーカイのテレとチャンプ12でテストしてみた(いままでのシールドはカナレ3m)


おお! いいぞコレ! 音が太い! 

僕はアンプ直結派なので違いがはっきりわかる

トーカイのテレキャスは高校生の時に郵便配達のバイトで5万で買ったものだ でもチープな造りのわりには結構まともにテレキャスの音が出る

ボディーのエッジがヘンに角ばってて、ネックの縁も角ばっててやっぱり安物っぽい感じなのだが、初めて買ったエレキギターは不思議としっくりくるんだよね

だから今まで手放さないでいたのだ 立って弾くとストラトより身体にしっくりくる

ベルデンのシールドを使うと音が良くなったので、またさらに使い続けるだろう




家に帰って、今度はストラト&デラリバでチェック


まずは3mのカナレと比較

うーん! ぜんぜん違うぞ!

まずカナレより音が大きく、それで低音と中音域がより出ている

よく言われる「抜け」も良いようだ ギターを弾くのが楽しくなる音だ

決してカナレが悪いわけではないんだけどねー 誰にでも買いやすい値段とどこでも手に入る定番品なのは変わらないと思う



次はアルバスの5mとの比較 金色のプラグのヤツだ

これもベルデンの方が太い音だった

驚いたのはノイズの少なさだ アルバスはジーっというノイズが大きくストラトだからこんなもんかと思っていたが、これはいい 耳障りな高音ノイズがほとんど気にならない

それでデラリバのビブラートチャンネルでも音が細くならない


しかし、音がよくなるとそれだけで弾いていて気分が乗ってくるなあ
いつまでも弾いていたくなる



あとは練習用の3m2本もベルデンにしたいなあ


ネットで切り売りしてるようなので早速注文した

1メートル300円で、7メートル分買って2100円 完成品よりずいぶん安い
とりあえずカナレのジャックを使って半田付けしてみよう


これでいつもイイ音で練習できるぞ 

楽しみだ




スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。