open G

指の方は傷もくっつき、ちょっとずつギターを弾けるようになってきた
それでもまだ弦を押さえると痛いので、中指を使わないでもどうにか弾けるオープンチューニングに挑戦している

今まで何故かあまり覚えようとしてこなかったが、やってみると新たな発見が多くなかなか面白い
コードをイージーに鳴らしたまま合間にオカズが入れられるのでとてもラクなのだ
ギター&歌でやってるとこれがなかなか具合がよろしくて、なんでもっとはやくマスターしなかったのか?と思ってしまう


オープンGといえばやっぱりキースでしょう ってことで中指ナシでとりあえずこんな感じ



まだ適当な部分が多いけど、オープンはこれを機に色んな曲で使えるようにマスターしたいな


それにしても、あらためてキースは偉大だ
音を付け足していくばかりではなく、間引いていく方向で弾いているのがよく分かる
カッティング・タメ・スライドのコンビネーション sus4の取り入れ方・・・ 
運指自体はイージーだが、あの感じを出すには「間」が絶妙にむずかしい
この奏法はまさに発明だと思う







スポンサーサイト

COMMENT

いいね!! - blues-boy #6x2ZnSGE

私もOpen Gでこの曲を小指にスライドバーをしてやりました。
確かにこの曲のカッティングやオブリの入れ方は、発明だと思いますね。

これこそ 怪我の功名・・・て事ですね。
でもお大事に

2013.03.04(Mon) 22:22 | URL | EDIT
Re: いいね!! - TAM

blues-boyさん

ありがとうございます
ボトルネックも合う曲ですよね
opentuningは響きが良くてプレイの巾が広がりますねー

2013.03.05(Tue) 08:33 | URL
カッコいいですね! - ごり #9zOzYU0I

こんばんは。

TAMさんも左手お怪我されてたんですね。お大事にどうぞ。

おかげさまで私の骨折のほうも順調に回復しつつありますが、久々に『完全なるリスナー』に徹する日々です。

ホンキートンクウィメン、カッコイイですね!合いの手がいい感じですね!

私は20代の頃オープンA(エアロスミスの『ドロー・ザ・ライン』)やオープンEに挑戦したコトありますが、・・・挫折しました。

オープンGといえばキースあるいはスライダースのハリーを連想しますが、ブラック・クロウズのリッチ・ロビンソンのギターも結構好きです。

2013.04.06(Sat) 03:48 | URL | EDIT
Re: カッコいいですね! - TAM

ごりさん

大変でしたね・・・
でもしばらく弾けないでいると普段以上に耳が音楽を求めるようで、逆にいろんな事に気付いたりします
じっくり聴きこむもよし、音楽理論なんかを学ぶのもまたよし、 ですね

まずはじっくりリハビリして下さいね

2013.04.09(Tue) 16:33 | URL

TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。