161倉庫のブルースセッション というかほとんど貸切状態・・・

ゆうべはこの間の「カフェまろん」のライブで知り合ったS君と161倉庫のブルースセッションに行ってきました

僕もS君もギターを弾いて歌う人なのだけど、このS君ギターがとても上手です

ロックからブルース、ちょっとジャズっぽいフレーズまで幅広く合わせられる

僕ももっと練習しなきゃ ちょっと焦る


ギブソンSGでお店のアンプに直結 ジャズコーラスなのにすごくイイ音だ 
アンプに付いているディストーションで軽く歪ませて音作り

僕はJCは好きじゃないけどちょっと考えが変わったなあ



それにしても驚いたのはこの161セッション、仕事が終わってから行って9時から3時間ほど、お客は僕ら2人だけ!
ほとんど貸切りリハスタ状態・・・

ドラムもベースもいないけどギター2人で思う存分セッションしてました


ちょっと(かなり)場末っぽい雰囲気の雑居ビルの地下のこのお店、もし僕がセッション目当てで初めて来て自分ひとりしかいなかったら、間違いなく二度と来ないでしょうね(笑)

あの雰囲気は余計に・・・


盛り上がっていた何年か前まではS君もよく参加していたそうなんだけど、中心メンバーが転勤や何やらで札幌を離れてから、参加する人はパラパラとか・・・

うーんもったいない  たったワンドリンク代¥500で好きなだけセッションできる店なんてまずないぞ


マスターがんばれ! いつも誰かが集まって楽しくやっていれば自然と人は集まると思います


発寒のパッションビートのブルースナイトとかすごくイイ雰囲気ですよ!


誰も来ないなんて言ってないで自分達で盛り上げなきゃ ですね

S君と「また来よう」と言って帰りました



スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。