アンプのチャンネルリンク

みなさん、あけましておめでとうございます

始めて間もないブログですが、見ていただいたりコメントを付けていただいた方々、今年もよろしくお願いします!

本業のブログ(ちなみにこちらです)ほど肩に力が入らないので(まあ、遊びなので)いい感じでやれたらなと思います


さて、先日の記事のギターアンプのチャンネルリンク、早速試してみました
アンプはフェンダー・デラックスリバーブ(リイシュー)22Wです

チャンネルリンク1

ギター(ストラト) → ノーマルCHのinput1 → パッチケーブルでノーマルCHのinput2からOUTし → ビブラートCHのinput1へIN  

こうすることによってノーマルCHとビブラートCHの音がMIXできるようです

このアンプ、とても良い音がして気に入っているのですがそこは60年代の復刻版、痒いところに手が届く現代の新製品とは違い、フレキシブルに誰がどう使っても使いやすいという感じにはいかないのですよ・・・
まあ、わかってて使っているのですが・・・

結果は太いノーマルCHの音にもう少し繊細でトレブリーな音が加わる感じです
あと、ノーマルCHでもリバーブやトレモロが使えます

これでかなり音作りの幅が広がったという感じで、明らかに奥行きのある音が作れます

チャンネルリンク2

ただ、両チャンネルのボリュームを同じ値にすると互いに打ち消しあうように音が出なくなるので、完全に50:50のMIXは出来ず画像のようなセッティングになります

出音はノーマルCHのみの時より小さいようです


電気的な詳しい知識が無いのでどうしてなのかは説明できなくてスミマセン・・・(笑)


まあ、シンプルな真空管アンプで音作りするならこんな方法もあるぞ、ということで参考にしていただければと思います






    
スポンサーサイト

COMMENT

謹賀新年 - blues boy #7pooUle6

デラリバのチャンネルリンク、スタジオで大音量ではやってないのですが私も自宅で試したことがあります。

「私の過去記事」
http://blog.goo.ne.jp/blues335td/e/4b57804df48cfe2a6d1e4deddbe6c600

メイン(ギターを差した)CHのボリュームを少し高めに・・と参考にしたサイトにありましたが
Normal 10 Vibrato 3 ですか!
今度スタジオに持ち込んだ際に試してみます。

確かなことはTAMさんの言葉とおり「音作りの幅が広がる」ということですよね。

今年もどうぞよろしくお願いいたします

2010.01.05(Tue) 10:13 | URL | EDIT
Re: 謹賀新年 - TAM #no8j9Kzg

今年もよろしくおねがいします

デラリバって両チャンネルどちらとも使える音ですよねー

僕はわがままなもので曲や気分によって両方使い分けたくなるのですが、リンクすると曲によってジャックを差し替えなくてもいいのでラクチンですよ どっちかのVolを0にすればそのまま片chのみの音で使えますからね

僕の場合、ノーマルCHの太い音にビブラートCHのキラキラサウンドがちょっと加わるのが好きで特にクリーンな音で指でやさしく弾くストラトのハーフポジションが最高です
ノーマルCH10ビブラートCH3でギターのボリュームでクリーンか歪みか調節するといい感じでした

ホント、ワンVolの真空管アンプっていろんな音が出ますね

今年はこのアンプを大音量で鳴らして弾き語りライブをやるのが目標です

blues boyさんも新兵器のPrinceton Reverbでいっぱいセッションしてくださいね!


2010.01.05(Tue) 11:12 | URL | EDIT

TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。