スタジオ練習 大きなヒントをもらう

またまたブルースハープ君と2人ユニット(自分ではバンドと思っている)の練習をしてきました

場所は「スタジオマグナム」 多くのバンドマンが集まる人気スタジオであります

前回はあんまり調子が出なく、二人で「これからどうしたもんか・・・」と言っていたんですよね


そんな折、blues boyさんからとても大きなヒントをいただき、たとえ2人であってもバンドに負けないグルーブを生み出す事は出来ると信じられるようになりました


セッションを重ねながらいろいろと意見を出し合い(もちろん音でも)ましたが、言うまでも無く最初から息のピッタリ合った演奏など出来る訳はなく、いろんな曲を試しながら練習を重ねていくしかないという話に  当たり前ですね


練習の合間にトイレで用を足していると、BGMに大好きなヴァン・モリスンの「CARAVAN」が・・・

僕が「ヴァン・モリスン、イイよね」と言うとF君が「crazy loveとかやりましょうか」と言うので、うろ覚えなギターと適当な歌でやると、結構イイ感じでした

ハープを入れるにはアレンジを練らないとならないけど、ちゃんと練習してみるかな


ところでこのスタジオマグナムは、部屋自体の音の響きが良いような気がしました

きちんと反響を抑える工夫がされているので、楽器の音もボーカルもとてもクリアに聞こえるようです

スピーカーケーブルを交換した僕のアンプも絶好調、やはり部屋で試した時とは全然違いました


F君もだんだんアンプリファイドハープに目覚めてきたみたいで「今度、真空管アンプで音を出したい」と言ってました

今度僕の自宅用のchamp12でも持って行こうかな


そんなわけで「また頑張ろう」と言ってスタジオを後に・・・


  

ヒントをくれたblues boyさん、ありがとうございました

やっぱり「リズム」ですね!



スポンサーサイト

COMMENT

お役に立てて嬉しいです - blues boy #6x2ZnSGE

アコギとブルースハープのデュオというのは、巷でもありそうですが、S.S.S.R.はエレキGUITARとAMPを通したブルースハープのデュオで、聴かせてくれますよね。

2010.02.15(Mon) 10:23 | URL | EDIT
Re: お役に立てて嬉しいです - TAM

bluesboyさん

昔はソロでやる時はアコギばかりでした
あえてエレキでやるのもイイかなと思ったのは今思うと、昔、宇崎竜堂さんがベースキャンプ・ブルースをエレキの弾き語りでやっていたのを見たからだと思います ベタですが(笑)

少人数の編成の場合、どうしても音の隙間を埋めようとしてしまいますがホントは逆ですね
いかに弾かないようにするか・・・ 溜めを効かせたプレイができるか・・・ 
アンサンブルもお互い「こう来ればこうだ」という呼吸が大切ですね
難しいけど決まればサイコーに気持ちイイです


> アコギとブルースハープのデュオというのは、巷でもありそうですが、S.S.S.R.はエレキGUITARとAMPを通したブルースハープのデュオで、聴かせてくれますよね。

2010.02.15(Mon) 19:02 | URL

TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。