命を削るギターの音 「Mike Bloomfield」

たとえばFMラジオやどこかのお店のBGMで初めて聴く曲が流れていて、その曲を知らないのに誰が弾いているかわかるようなギタリストがいますよね

ボーカリストならともかく、ブルースギターのソロの音が一発で誰だかわかる程の人ってスゴイと思うのですが

僕にとってマイク・ブルームフィールドはそんな人です
一小節目でその場の空気を変えてしまう音を出しますね

Live at the Old Waldorf
「Live at the Old Waldorf」   Mike Bloomfield

でもなんだか聴いていると胸の奥が締め付けられるような、切ない感覚に襲われます

まるで命を削るかのようなギターソロ

やっぱり早死にしちゃうよな・・・ こんなギターを弾く人は・・・

  

一方このアルバムはなんだかほんわかと聴けるような気がします

It's Not Killin' Me
「It's Not Killin' Me」   Mike Bloomfield

エキセントリックなブルースギターもいいけれど、こういうリラックスしたマイク・ブルームフィールドも好きで愛聴盤になっています


スポンサーサイト

COMMENT

良いっすね - 紫 #nL6A2.tM

アルバムはどちらも持っています
妙な明るさかがよけい切なさをかもしだしますね
気が小さくて人前に出るのが嫌な人だったのも
なんだかうなずけます
タイプは違いますが当時人気を二分していた
エルヴィン.ビショップも好きなミュージシャンです

ところでお若いのに随分と渋いのがお好きなんですね(笑

2010.02.28(Sun) 23:13 | URL | EDIT
Re: 良いっすね - TAM #no8j9Kzg

紫さん

基本的に好みって変わりませんね・・・
もっと若い(笑)頃からこんなのが好きでした 
「It's Not Killin' Me」の方はディラン&ザ・バンドの「地下室」にも通じる土臭さが好きです
マイクもビショップもポール・バターフィールド・ブルースバンドでのプレイが光ってましたね ハタチくらいの時アナログ盤の中古を探して聴きこみましたよ
当時はブルースロックの中古盤は割りと安く手に入ったような気がします

しかし古い話ばかりですね・・・(笑)




> アルバムはどちらも持っています
> 妙な明るさかがよけい切なさをかもしだしますね
> 気が小さくて人前に出るのが嫌な人だったのも
> なんだかうなずけます
> タイプは違いますが当時人気を二分していた
> エルヴィン.ビショップも好きなミュージシャンです
>
> ところでお若いのに随分と渋いのがお好きなんですね(笑

2010.03.01(Mon) 09:41 | URL | EDIT

TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。