真夜中の音楽   Little Creatures 「Night People」

秋の夜長・・・というよりはもう冬になってしまった感なここ最近はわりと神経を揺さぶられすぎない、静か過ぎずうるさ過ぎずという感じの音楽をよく聴いています

たとえばこのLittle Creaturesとか

Little Creatures "Night People"
NIGHT PEOPLE /LITTLE CREATURES

あのイカ天出身のバンドですが、地道に良質の音楽を出し続けている数少ないバンドで、アコースティックで勢いを抑えた演奏が夜に聴いているとしっくり来ます

Little Creatures "Night People"






ライブもかなり良さそうでいつか観てみたいなあ

LITTLE CREATURES "MOSQUITO CURTAIN"(LIVE)




興奮も沈静もしたくない時に、音の良いオーディオで適度なボリュームでかけっぱなしにしていると、次第にその世界に引き込まれていきます

FUTURE SHOCKING PINK /LITTLE CREATURES
"FUTURE SHOCKING PINK /LITTLE CREATURES"

どのアルバムも高い演奏力とハッとする音楽センスにあふれていて聴き応えのあるバンドですよ





カッコイイぞ!「Flat Duo Jets」

この前、ジミー・ペイジとエッジとジャック・ホワイトのRock映画「Get Loud」を見てきたのですが、その映画の1シーンでメチャクチャ印象に残ったバンドがありました

ジャック・ホワイトがホワイト・ストライプスを結成する際にインスパイアされたバンドらしく、帰ってから検索してみると「Flat Duo Jets」なるギターボーカルとドラムだけのアメリカのガレージバンドだそうです




エモーションが爆発する感じはまさにホワイト・ストライプス!

歌・ギター・ドラムのみの最小限の音でこれだけの迫力とは凄い

あまり情報が無いのでよくわかりませんが、すでに解散してしまったようですね


こういうシンプルなロック、好きだなあー!




ボブログⅢ世 「LOG BOMB」

久しぶりに思い出してCDを引っ張り出して聴いています

昨今嫌な感じの世の中ですが、こんな時に聴くボブログⅢ世は文句なしにカッコイイ!



全部の楽器を一人でこなす、大道芸人的なミュージシャン

いやー、さすがに本場は違いますなー 世界は広いぜ!
真似しようとは思いませんが(笑)




お客のオネーチャンをひざの上に座らせたり、ヘルメットのままビールを飲んだりするライブは楽しそう
一度観てみたい!

CDは意外とすぐ飽きます・・・(笑)


「American Beauty」 Grateful Dead

9月だというのにあまりにも暑く、またやたらと天気が良い今日の札幌!

こんな日にはコレ! とチョイスしたこのアルバムを車を運転しながら聴いていました


Grateful Dead の1970年アルバム「American Beauty」
61jqiqxX2XL__SL500_AA300_.jpg


難解と言われるGrateful Deadの作品中で一番聴きやすく、まるでアメリカを旅しているような気分になれるナンバーが最初から最後まで続く名作です


その中から1曲目の「Box Of Rain」をどうぞ


こんな曲を聴きながら、早くビールでも飲みたいぜー 


ところで明日からは台風の影響で雨になりそうですね
しかし暑いっす・・・




夏なんです

今年の夏は暑すぎずちょうど良い感じで過ごしやすいです

ここ数年、北海道も湿度の高い日が多くなって入るような気がしますが、こんな曲は日本の夏のイメージにピッタリで好きなんですよね


「夏なんです」はっぴいえんど




こっちもおすすめ

細野晴臣&松本隆&鈴木茂 スタジオライブバージョン
http://youtu.be/lBHJHoVNDEQ
特に鈴木茂のギターは静かなバッキングに徹しているけど鳥肌モノ


はっぴいえんどはザ・バンドやリトル・フィートなんかに通じるアメリカ南部ルーツ~西海岸っぽい、土臭さとダイナミックさに日本的フレーバーをまぶした存在感が唯一無二だと思います

若い頃その手の音楽ばかり聴いていた時に、これが日本のバンドかと驚いた記憶があります


日本人だけに共感できる夏の情景が絶妙に織り込まれた名曲ですね







↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。